読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は我が身!?介護は突然やってくる!

両親ともに同じ特別養護老人ホームへ入所!?それまでの経緯を綴ります。これから介護をする方のお役にたてたら嬉しいです。

認知症の母に怒ってはいけないと思いつつも、怒りが止められず…ものすごいケンカをしてしまった日


スポンサードリンク

こんにちは。tsukkyです。
私の実家は埋め立て地にある都営団地です。そこに両親も住んでいました。
老朽化がすすみ、やっと建て直しの工事がおこなわれることになり、仮住居の団地に引っ越しました。

kaigo-blog.tsukkymoon.com
そして、今年の秋に新しく立て直した団地に引っ越しが決まったのでした。
新しく建て直した団地に戻れるかどうか…たぶん両親はもう戻れないと思います。。(涙)
そんな状況ではありますが、今日は、その新しい団地の「内覧会」に行ってきました。

新しいところは良いですねぇ。。
他にも見に来ている人が沢山いました。老夫婦だけで来ている人。近所の方を誘ってきている人。親子で来ている人。みんなそれぞれ楽しそうでした。


私も、この内覧会にも母と一緒に来たかったな。。

 

今日は一緒に来れませんでしたが、秋ごろにはもしかしたら、一緒に来れるかも知れませんし、先のことはまだわかりませんから…


スポンサードリンク
 

 

平成27年頃の話

kaigo-blog.tsukkymoon.com
↑こちらの続きです。

 

デイサービスの施設の社長さんから良いお話を聞けて、そのことを母に伝えようと電話をしたら…


お金がまったくない!!と騒いでいたので…
父の転院手続きや、もろもろ疲れてもう家に帰ろうと思っていたのですが…
しぶしぶ母のところへ行きました。

 

すると、昨日渡したはずの2万円は本当にどこにもありませんでした。

後で考えれば、認知症の人はどこかにお金をしまって忘れてしまうこともあるので、そんな風に割り切れれば良かったのですが…
まして、私のお金ではなく、母のお金ですから…(^^;)

 

ただ、私も父の転院やら、母の病気の事やらで疲れ果てていたので、1日でそんな大金を使ってしまう母に無性に怒りを感じてしまったのです。

何に使ったの??と聞いても…

「わからない。何にも使ってない」と言う母にも頭がきてしまい…ヾ(。`Д´。)ノ

 

認知症の人に怒ってはいけない。。。

 

わかってはいるけど、怒りがとまらない。。。(>_<)


すると母も、売り言葉に買い言葉じゃありませんが、

「いろいろとわけのわからないところに連れて行かれるから!」←デイサービスのこと?

 

みたいなことを言いだすから、私もキーーーっ!!

 

どんな思いで、私が今日デイサービスのところに行ったと思ってんのよーーーー!!!

 

私「じゃぁ、お母さんはこれからどうしたいのよ!!!」

母「洋裁とかやりたいわよ!あんたに子供がいたら子供の服でも縫ってあげられるのに。。」

 

私 「カッちーーーーーん」ぶち切れる音

 

私は自分でも子供が出来なかったことをすごい悔やんでいて、不妊治療も少しやったけど、うまくいかず…
その事も、母に話して、子供のことは言わないで!!!と頼んでいたのに…!!!

それを言われたから、もう歯止めが利かなくなってしまいました。。。

 

ものすごいケンカに…!!!!


そこに、たまたま、ケアマネの方が「ピンポーーン」とやってきました。

 

私たちのすごい形相を見て、びっくりしています。

今日の出来事を伝えると。。

 

「お金の管理は難しくなってくると思いますから、あまり大金はおいておかないことにして…どうしても必要な場合もあると思いますから、それはどこか(母の見つけられないようなところに)隠しておくのが良いと思いますよ。」

 

とアドバイスしてくれました。。。


あぁ、、プロの人ってすごい。。。。


その時、私はやっと冷静になれたのでした。

そして「あぁ、やってもうた。。。」

母は泣いています。明日はデイサービスなのに行ってくれるかな。。

母もお金を無くしてショックだったのに。。。なんで怒ってしまったのだろう。。。(涙)


自己嫌悪になりました。。。


2万円のお金がどこに消えたか、その日はわかりませんでしたが。。。

テーブルの上に、交番でもらったと思われる遺失物届のメモが…

その電話番号に電話してみましたが、その日は夜だったので、問い合わせできず。。

次の日に電話をかけて、なんの遺失物届か判明します。

母が、鍵を無くしたと交番に行っていたのがわかるのでした。


普通にしていると、しっかりしているように思えても、認知症らしい症状がところどころに見え隠れしている状況でした。。。。

 

鍵を無くした…?!

 

でも、母の家には鍵は確かにありました。。。

いったい何があったのでしょう…?!

 

まだまだ続くよ

認知症の母の繰り広げる不思議な出来事を、解明する私立探偵のような私の活躍にこうご期待?!