明日は我が身!?介護は突然やってくる!

両親ともに同じ特別養護老人ホームへ入所!?それまでの経緯を綴ります。これから介護をする方のお役にたてたら嬉しいです。

リモート面会で久しぶりに母に会えた!!

こんにちは。tsukkyです。

 

また随分と更新していなくて、久しぶりの更新となってしまいました。

 

コロナ禍でまったく母に会えない日々が続いていましたが・・・

母の入所している施設でもリモート面会を行えるシステムを導入したそうで。

以前検討されていたのは、私たちが施設まで行って、そこでリモート面会をやるとか・・意味不明のリモート面会でしたが・・

LINEを使ったシステムだったので自宅からリモート面会ができました。

 

わざわざ施設まで行って、リモート面会すると言うのもかなり謎でしたが・・(^^;)

無事にスマホを使って面会できるようになって、本当にありがたかったです。

 

まず、LINEでそのシステムを友達登録し、施設から付与されたIDとPWでログイン。
それから面談の日程を予約して、当日指定のURLからリモート面会開始!

 

おぉ!母が写ってる!!

最初、母はどこを見て良いのか?わからないようでしたが、施設のスタッフの方が誘導してくれて、私だと認識すると(←ちゃんと娘と認識されたかは・・・???)落ち着いたようで、ちゃんと画面に向かって、意味不明のことを話しだしました。

 

一応私の質問には「うん。」とか「そうだね。」とか返事をしていたので、このリモート面会は、バッチリ成功!!

 

ほんと、このリモート面会、とっても良いです。

何が良いって、まず、移動時間の短縮になる!!

我が家から施設までは近い方ですが、いざ行くとなると、支度したりいろいろ準備があるし、そこそこ時間を取るのが大変でした。

あぁ、お母さんのところに行かなくちゃ。。施設の人から「冷たい娘」と思われてしまうかも・・・と、義務感満載で行ってた面会も、リモート面会を済ませたら、気分スッキリ!

義務感を果たせたからか・・・?!

 

面会時間は15分なので、今までの移動時間などを考えると、とても効率が良いと思う~!!

 

システムの使い勝手も良かった!

どこのサービスかと調べてみたら、コニカミノルタさんがやってるサービスなんですね。

www.konicaminolta.com

 

まぁ、実際に会えないと言う、寂しさはありますが・・今のご時世、このようなシステムがあるのは本当に助かること、この上ないです!!!

 

次の面会をいつくらいにしたらよいか・・・

悩みましたが、今週末が父の命日なので、来週面会の予約いれときました。

でも、準備とか施設の人も大変なのかもしれないし・・・月1くらいのペースで良いんですかねぇ・・・???

 

 

義理を果たすのには、どれくらいのペースでリモート面会をやったら良いものか・・

ドライな娘はいろいろ悩んでしまいます(ノ∀`*)ペチ

コロナで会えない母。コロナ自粛の中で考えたこと

こんにちは。tsukkyです。

 

前回ブログを更新してから早いもので、3か月近くがたとうとしています。
3月から母のところに面会に行っておりませんので、それくらい会っていません。

 

介護施設でコロナを発症したら・・どんなに大変だということは誰でもわかることだと思いますが、母のいる施設でも最善の対策を行って、感染者ゼロで今日を迎えています。
本当にありがたいですし、それゆえに安心してお任せすることが出来ています。

 

母が一人暮らしのままだったら・・・


考えただけでも大変だったろうなぁ。。と思いますが、現在そんな悩みを抱えてる人もたくさんいるかと思います。。。

 

いったい、いつから面会に行けるようになるのかは・・・????ですが・・


以前、面会に行かないと、施設の人から「薄情な娘」だと思われてしまうのではないか?
と心配していたことを考えると、施設の方から「面接は控えて下さい。」と言われていることは、正直なところ、少し気が楽な感じもします。(母には申し訳ないとは思っていますが)

 

そんなことを考える自分もイヤですが、偽善者ぶっている自分もイヤですし・・
介護とは体力面でも厳しいですが、このようなメンタルの部分でも複雑な思いが交錯し、辛いものです。

 

ただ、施設の方には深くお礼を申し上げたい。
コロナ感染を防ぎ、高齢者を守るために、大変だったと思います。
私は自分のことだけで精一杯だった気がします。
そして高齢者の方と同居している方も気が気でないと思います。

 

早くそんな不安のない世の中に戻りますように・・・

 

新型コロナウィルスで心配な世の中、本当に施設に入っていてよかったと思う今日この頃です。

こんにちは。tsukkyです。


新型コロナウィルス拡大防止のため、母親の入所している施設でも今月いっぱい面会が禁止となりました。


今月の7日は母の誕生日だったので、ちょっと可哀そうな感じです。
本人はまったく覚えてないとは思いますが・・(^^;)きっと施設でもお祝い会をやってくれるでしょう。

 

それより?1か月以上も会いに行かなかったら、私の存在すら忘れてしまうかも?
うーん、かなり心配です・・

 

兄と私は別々に、毎月1回母のところに面会に行っています。
他の家族の方達はどれくらいの頻度で行っているのかは?知るところではありませんが・・

家族が面会に行ってあげるのも、もちろん良いことだとは思います。

でも、こんな状況の時は面会にも行けない。。

だからこそ、こんな事態の時は施設に入っていてくれて本当に良かったと思っています。

私自身も母の事で気を揉む事もなく、安心して過ごせるのは、施設のスタッフのおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。
そして家族の力は本当に微力なものだと痛感しています。

 

これが母一人暮らしでディサービスを利用している時期だったりしたら、どんなことになっていたかと思うと、想像しただけで恐ろしいです。

認知症の人に、不要不急の外出はしないように。なんて言っても絶対通用しませんし。。
だいたい、このコロナウィルスのことを説明しようにも、話したすぐから忘れてしまうので、理解するのも難しいと思います。

 

でも、今もそんな風に生活している高齢者の方がたくさんいると思うので、早く落ち着いてくれることを願わずにはいられません。

 

日本政府のことをいろいろ文句を言ってる人がいますが・・・高齢者が多い中、今の状況(が本当だとしたら)で抑えられているのは良い方なのではないでしょうか・・・。

 

まだまだ、これからどうなるか?わかりませんが、これ以上拡大しないように、祈るばかりです。
早く落ち着いて、普通の生活が送れるようになりますように。

人間の寿命はわからない。。。あんな元気だったのに。

こんにちは。tsukkyです。

気がつけば年も明け、2020年になってしまいました(・_・; 

今年もよろしくお願いします。

 

今日は寂しいお話。。

私が20代半ばくらいに勤めていた会社の方達とは、今も交流があり毎年決まった会がいくつかあります。
その中でも「お達者倶楽部」という会があり、メンバーは当時50代~60代くらいで、いつまでもお達者で。という趣旨の会でした。
昨年はどうゆわけか?開催されなかったのですが・・


一昨年までは毎年企画されていて、私も参加いたしました。
当時50代~60代ですから、現在はみなさん70代~80代の方たちばかりです。その中にいると私は最高に若い人になれるので、チヤホヤされてとても気分が良いのですww

皆さん高齢なのに、お元気でお若い。。
父と同じくらいの年代の方もいるのに、どうして皆さんこんなに元気なのだろう?と羨ましく思ったりしました。

 

総務で働いてたおばさん(当時はそう見えたm(__)m)も母より若干若いかも知れませんが、とても元気で羨ましく思っていました。
それなのに、昨年の夏にお亡くなりになっていたという話を聞いて・・ただただ、驚くばかり。。


一昨年まで本当に元気にしていたのに・・なぜ???

 

昨年の初めに旦那さんを亡くされ、気を落としていた様でしたが。。。

今は旦那さんと天国で楽しくやっているでしょうか。

 

本当に人間の寿命はわからない。。。

私もいつなにがあっても良い様に、充実した日々を過ごしたいですし、終活もちゃんとやっておこうと思ったのでした。

 

脳から失われたものはあったかもだけど・・?きっと、わかっていることがある。

こんにちは。tsukkyです。

 

またまた、久しぶりの更新となってしまいました。
こちらのブログ、辞めようと思っているわけではないので、こんな感じで気が向いたら更新します。

更新頻度は少ないかもしれませんが・・良かったらまた遊びに来てくださいm(_ _)m

 

昨日は仕事を早退して、母の面会に行ってきました。
毎月1回面会に行くと決めてますが、今回は施設の担当の方から履けるズボンが少なくなってきたので、次回いらっしゃるときに新しいのを持ってきて下さいといわれていたのが、ずっと気になっていて・・・

 

母のいる施設は、職場から行くと、地下鉄で一本ですが、駅から結構歩きます。
自宅から車で行けばすぐなんですが、土日に面会に行くとすると、旦那との予定を調整するのが微妙に面倒臭い。
旦那を連れて行くと、付き合ってもらった負い目的なものを感じるし・・・
旦那を置いて、一人で行くのもなんか気が引ける・・・

 

なんでしょうね?そんな感じのことも、介護にはついてまわるんです。

 

なので平日行くことにしました。
昨日はお天気も良く、暖かかったので、お散歩するのにも良かったかも。

 

施設に到着して、母に「新しいお洋服を持ってきたよー♪」と伝えたらなんか嬉しそう。
わかっているのか?どうか?微妙な感じなんだけど(^^;)
母の髪型が・・スタッフの人がやってくれたのか?なんかかわいい編み込みがされていた。
「かわいいねー♪」と伝えたら、これまた満面の笑みで超嬉しそう。

 

2カ月前くらいに母の弟が亡くなったので、そのことを真面目に伝えてみようかと思ったけど、叔父さんの名前を言ってもちんぷんかんぷんな感じだったので、特に伝えるのはやめときました。
亡くなるとか、なんかネガティブワードだし。。。

 

そんなところが、ちょっと切ない。。

 

面会の時は、母の部屋に行ったり、談話ルームに行ったりして二人で過ごすことも多いけど、昨日は「ここでいいよ。」というから
他の入所している人もいる、テーブルで話をしていた。
すると、他の方の目線が結構私に向けられいるようだった。
気のせいではないので、その方たちにも笑顔で対応。声をかけたりしてみた。


きっと、自分の娘と勘違いしてるのかも?
スタッフ以外の来訪者が新鮮なのかも?

 

そして・・・
みんな家族を待っているのかも?

 

私の母も含め。。
みんな家族のこととかわからなくなっているような感じだけど・・

わかってないような感じでわかっている。。


なんだろう?脳ではなにか失われているようだけど、失われてない何かがきっとある。

 

そんなことを確信した・・・

それなら、平日、午後休を取ってでも、面会に行って良かった。

母の弟が亡くなった。母に伝えても、もう理解することは出来ないでしょう。。。

こんにちは。tsukkyです。


超久しぶりの更新となってしまいましたが、やる気はあります。
続ける気はあります!

ボチボチと更新する予定ですので、よろしくお願いします。

 

昨日ほぼ絶縁状態?の叔母から電話があった。
きっと何か悪い知らせかなにか。だろうと思って出たら・・
叔父さんが9月10日に亡くなった、という連絡でした。

 

叔父さんは、私の母親の実の弟です。
かなり前から、何かの病気がきっかけで、施設の方に入所していました。
母が認知症初期の頃、生まれ育った故郷に帰ったら、症状もよくなるかと思い・・
何回か金沢(母の故郷)に行った際に、食事をしたり、施設に会いにいってます。

もう母にその頃の記憶はないだろうけど・・・

その時に叔父さんに会うことが出来て良かったと思う。。。


私の自己満足かもしれませんが・・・!

 

叔母さんは、叔父さんが病気になってから大変だったと思う。
私たちが金沢に行くたびに、いろいろ気を使ってくれて・・ありがたかったけど、私たちが叔母さんを頼ってばかりいたからか?
ある時から、金沢に来て叔父さんに会いに行くのはかまわないけれど、私に連絡はしないでください。
的なメールが送られてきてショックだった。。。

 

もしかして、いちいち連絡したことが迷惑だった・・・・?!

 

それからちょっと絶縁状態になってしまったわけですが・・(^_^;)

 

人生、いろいろあります。

 

母には叔父さんのことも、そんなごたごたしたことも知らずに過ごしてくれればいいと思う。
(言ったところで通じないと思うし・・・)

 

あぁ~
両親の人生を見ていると・・何も長生きすることだけが良いとは限らないと思ってしまう。。

 

なんかいろいろと思うことはあるのですが、うまく言葉に言い表すことができないな。
明日は、母の施設でイベントがあるので、そちらに行ってきます。

 

はぁ、、なんか複雑な気分。

自分の人生は最後まで自分で責任を持つ世の中にならないと!!

こんにちは。tsukkyです。


またずいぶんご無沙汰してしまいました。

 

母の日も過ぎ・・・父の日も過ぎ・・・
あ、父のお墓参りにずいぶんと行ってない気が・・・
なんだか忙しなく生きてます。

 

今日職場で「仕事と介護の両立セミナー」というセミナーが開催されていました。
私はもう介護する人もいないので、これから介護する必要がある人に受けてもらいたいと、出席しませんでしたが・・
こうゆうセミナーを職場でやってくれるというのは本当にありがたいことですね。
やっと、世の中的にも「介護」について追いついてきた・・・のかな?と思います。

 

私も職場の方から「出席されないのですか?」と尋ねられたので、「ウチはもう介護する人がいないから・・」と答えたときに、少し胸が痛くなりました。
その方に「出席したほうが良いですよ。」と強くすすめておきましたが。

 

ほんと、ウチにはもう介護する人がいないから、これから考えるとしたら、自分らの老後についてです。
私が介護を受けるころには、介護保険制度も多少変わっているかも知れないし、なんとも言えませんが・・

 

わかっていることは、自分がしっかりしているウチに、老後住むところと、成年後見制度の手続きを済ませておかないといけないな。とは、思っています。
そういったことも、これから先取りしていく時代になると思います。


お子さんがいる家庭だと、つい「子供がいるから...なんとかなる。」といった考えはもうやめたほうがいいですね。
どちらの人生も台無しにしてしまう恐れがあります。

 

自分の人生は最後まで自分で責任を持ちましょう!!

 

それには、こういった少しネガティブなことにも目を背けないで、どんな介護保険を受けられるのか?どんな老人ホームがあるのか?自分の老後資金はどれくらいあったら大丈夫か?
など・・いろいろ気になったことは、今のうちから勉強したり、見学に行ったりして悔いのない老後を迎えたいですね。