読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は我が身!?介護は突然やってくる!

両親ともに同じ特別養護老人ホームへ入所!?それまでの経緯を綴ります。これから介護をする方のお役にたてたら嬉しいです。

怒りのパワーが父を元気にさせた?!恐ろしい一夜でさえも妙に嬉しく思った自分がいた…


スポンサードリンク

こんにちは。tsukkyです。

 

今週末は土曜日、日曜日ともお天気が悪くて残念でした。

 せっかくの満開の桜…残念ですね。

花冷えの今日、みなさんはどう過ごしましたか?


スポンサードリンク
 

母がアルツハイマー認知症と診断された日の翌日は、父がショートステイから帰ってくる日でした。

母のことも心配でしたが、3泊4日も家を離れていた父の事もとても心配で…

ショートステイから帰って来るなり、癇癪をおこして、母に八つ当たりなどしないだろうか。。?等々…

気が気じゃありませんでした。

 

父が帰って来る予定の頃、母に電話をいれたところ、上機嫌で帰って来たとのこと。

お風呂がとても気持ちよくて、職員の人の対応も良かったと…!

 

あぁ…良かった!!

 

これで今後も順調にショートステイに行ってくれると良いな。

父がいない間、母ものんびり羽をのばせるでしょう。

 

そして2回目のショートステイは1回目とは違う施設を紹介されました。

違う施設なので、最初は家族が付き添わなければいけません。

私は午前中仕事を休んで、施設まで付き添いました。

1回目は個室だったのですが、2回目は2人部屋です。

少し都会なところにあるので、前回ほど広い施設ではなかったのですが、職員の方たちも親切で良い感じの人だったので、大丈夫かなぁ。。と思って、母を実家まで送り仕事に行きました。

 

翌日、仕事帰りに母のところに行き、一緒に買い物&ゆっくり外食などをして帰ると…

施設から電話がかかってきたではありませんかっ!!!

 

電話口で、父が怒って文句を言っていますΣ(゚д゚lll)!!

 

職員の人も、対応しきれないようで、今日は夜遅いので、こちらに泊まるよう、なんとか説得しますが…明日もし対応しきれなかったら、家族の方に迎えに来てもらうことになるかもしれませんと…!!!

 

いったい何があったのでしょう…???

 

こ…怖いよ~~((((;゚Д゚)))))))

 

結局…

やはり施設から兄のところに連絡があり、施設内で杖を振り回して暴れまわるは、手に負えない状況とのこと…

家族全員で迎えに行くことになりました。。。(涙)

 

迷惑をかけたので、菓子折りを持って行くから、自宅で待つように!

と母に伝えたのに、連絡すると家にいない。。。

 

母も心配だったのでしょう。先に施設のある駅まで自力で行ってました…

でもちゃんと人の話は聞いてもらいたい。。(^^;)

 

施設に着くと、怒りのパワーからか?

(怒っているけど)めちゃくちゃ元気な父がそこにいました。。

この間まで寝たきりだった父と、同一人物とは思えません(>_<)

べらんめぇ調子で施設の職員の人に文句を言い放ち、シャキッと自分の足で立って歩いています。。

 

私たち家族は呆気にとられていましたが…

施設の方への暴言等。。。平謝りし、施設を後にしました。。

 

兄は怒って、「自分で帰ると言ったんだから、地下鉄で自分の足で歩いて帰れ!」

 

と…!

 

すると、今まで杖をついてよろよろ歩いていた父が、杖も使わずシャキッと駅まで歩いているではありませんかっ!!!

 

な…なんなんだ?!

 

結局、その日は、家まで自力で歩いて帰りましたよ。

途中母の杖を借りたりはしていましたが…

そして母の作った食事を平らげ、寝てしまいましたとさ。

 

結局なんでそんなに怒ったのか?全くわかりませんでしたが…(^^;)??

 

自分の親でありながら…

なんという人騒がせな爺さん!!

 

家族全員振り回され。。。疲れた。。。

 

ですが…こんな父にをどうしようもなく思う反面…

とてつもなく元気になった事がなんだか嬉しくて…

このまま前のように元気になってくれるのでは…?!

と期待してしまう自分がいるのでした…

 

親の介護 ポイント!

両親の年齢が近いと、同時期にいろいろな問題が起こることが多いかも。。

介護サービスをうまく利用しながら、負担を減らしていきたいものです。。

そうは言っても、私の父のように、一筋縄ではいかぬ場合も多いのが現実。

あるところは割り切って接するのが良いのかもしれません。

そうしないと自分の身が持ちません(^^;)

 

親と言えども、割り切って接することも大切。