読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は我が身!?介護は突然やってくる!

両親ともに同じ特別養護老人ホームへ入所!?それまでの経緯を綴ります。これから介護をする方のお役にたてたら嬉しいです。

父の症状もさることながら、それと同時に母の行動も???同時進行ですすむ高齢者介護


スポンサードリンク

こんにちは。tsukkyです。

今日は友達が家に来ていました。

親の介護の話などもして、彼女のお父さんは病気で具合が悪くなって、特養を申し込んでいたけれど、なかなか順番が回って来なくて、ショートステイを繰り返し、その間に癌を患い、病院へ入院。

その後、特養が決まった頃、病状が悪化してお亡くなりになったそうです。

 

私が、親の病院や施設が変わるたびに、情がうつってしまい、切ない思いをする。

と伝えたら、彼女がお父さんを介護していた時、施設もいろいろあって、対応がいまいちのところは、次が決まるとホッとしたし、ちょくちょく変わっていたら、慣れっこになってしまったと…

 

そう考えると、私の両親のお世話になった施設は良いところが多かったのかも知れないと思いました。

親切で優しい人たちがいたから、別れが切なかったのかな。。。と。


スポンサードリンク
 

 

 平成26年の話

この年のGWに私たち夫婦と両親とで石川県に旅行に行き、母の喜寿の祝いも出来、父も元気になったかと思われたのですが…

そして、2人でリハビリもかねて、デイサービスに行くようにしたものの、行ったり、行かなかったり。。。

行かなかった方が多かったでしょうか。

デイサービスに行ってくれれば、私も安心ですが、行かなかったりすると、それだけでイラっとするし、迎えに来てくれた施設の方や、ケアマネの方に申し訳ないような気持ちになってしまったものです。

 

本人たちにしてみたら、出かけたくもないのに、行かなければならないんだ。ってな感じだったのでしょうが。。。。

 

そして、また父の発作がおこると、2人で勝手にいろいろな病院に行くわ、救急車は呼ぶわで。。その対応に追われて大変でした。

 

父は個室のある施設のショートステイには、行ってくれるようになり、その点は良かったのですが…

父がショートステイに行ったある日、母から電話がかかってきました。

母「お父さんがいないのよ!黙ってどこかに行っちゃったのよ!!」

私「今、ショートステイに行ってるんだよ。だから黙って行ったわけじゃないよ。」

 

父がショートステイに行くと、そんな事を言い出すことが多くなりました。

「お父さんがショートステイに行ってることを忘れてしまってる?!」

あれだけ、父がいると掃除も出来ないし、何もできない!と言っていた母なのに…

父がいなくても、掃除をしている気配もない…

 

そして、お父さんがいないから夜ご飯は作らなくてもいいし、私とどこかに食べに行こう。と言っていても…

 

夕方電話がかかってきて、「お父さんがいないのよ。ご飯も作ったのに、どうしたのかしら?」と…(@ @;)

 

あれだけ夕飯を作らなくていいと、言ったのに・・・・・

 

仕方ないので、私がその夕飯を食べに行くと、すごい量のおかずが…!!

どんだけ作ってるの・・2人しか食べないのに。。。

 

あきらかにおかしい…

 

そして、あまりに散らかっている実家を見るにみかねて、私が片付けをしていたら、父に飲ませるはずの薬が、大量に出てきたのでした。

 

私「これどうしたの…?!」

母「もうお父さんに飲ませる薬がいっぱいあるから、わからないのよ!大変なのよ!」

 

母は、父に薬を飲ませることもわからなくなり、いつぐらいからか?

父は薬を飲んでいなかったのでした。。。。

 

そのことを、ケアマネに相談し、父の主治医にも報告してもらいました。

主治医から、薬を飲んでないなら、具合が悪くなって発作の様な症状がおこるはずだ!

と…(;o;)少し怒られた~

 

一見普通に見える母でしたが、そんなところに認知症の症状が現れ始めてきていました。。

 

母の事も心配でしたが、これ以上救急車を呼ばれたりしては困るので、薬を管理してくれる訪問看護、薬を定期的に届けてくれるサービス、お医者さんが自宅に来てくれる訪問診療をお願いすることにしました。

 

親の介護 ポイント!

介護認定がおりたら、ケアマネと打ち合わせなどを繰り返して、良いケアプランを立ててもらいましょう。

私は初めてのことで、途方にくれる毎日でしたが、ケアマネからいろいろな介護サービスを提案してもらい、こんなサービスもあるのか!と、目からウロコでした。

私の両親は介護サービスの恩恵に授かり、いろいろと生活改善することができたと思います。